膵炎

先月、ももすけの様子が変だなって感じることがあり、
16歳になって健康診断したばかり、様子を見ていたら、
夜中に嘔吐、ゆるいうんち、寝れなくてうろうろ、朝方に震えだした。


血液検査やエコーをしてもらい、炎症数値は基準値内、
リパーゼが上がってきてるので、膵炎かも、この後炎症数値も上がるだろう。

おそらく膵炎だということで、すぐに入院治療を、お願いしました。

膵炎の確定診断は外部機関に出すので、結果を待っていては、
命取りになることもあること、膵炎でなくなるワンコの話を知っていたので、
治療・料金の説明もしていただきましたが頭に入らず、
フルでやってくださいと頼んで、3泊4日でひとまず数値が落ちたので、
帰宅しました。


その後は、定期的に血液検査、数値をチェックし、
薬、低脂肪のフード、ずいぶんよくなりました。

シュナウザーは遺伝的に、膵炎になりやすい犬種らしく、
今までならなかったことが不思議だって、獣医さんに言われました。


ももすけ犬生2度目の入院、予防的な治療での手術と違って、
今回はかなりやばく感じ、回復にも時間かかったと思います。

年末からの膀胱炎、その後は膵炎と、16歳を超えることの、
大変さをひしひしと感じる日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です