働くベスト

働くセーターより、働くベスト編みました♪

普段から、フェアアイルを編んでいて、
シェットランドヤーンを使っているので、
手持ちの261 Paprikaを、買い足して作成開始。
首から下に向かって、二本どりでひたすら表編み(メリヤス)で編んでいきます。
シェットランドヤーンは、とても絡みやすい毛糸なので、
毛糸を足すときに結んだりせず、結び目がありません。

上から下に編んでいくので、試着しながらサイズ感を確認、
きついかなと、ほどいてみたり、編む順番わからなくってほどいたり、
本を読みこんだら編み方わかりました。
編み物は数学と思っていましたが、読解力(国語)も必要ですね。
セーターから編めばよかったかな。

保里尚美さんの働くセーター、シンプルなデザインで、
首から下に向かって編む、トップダウン。
トップダウンは一度編んだことあるけど、とじはぎがなくて、
ベストの前立てが、独特の技法になってて面白かったです。
わからないところは本を何度も読み、写真を見たり、
保里さんのインスタグラムの動画見ながら、12玉弱で完成。

ボタンの後ろには、力ボタンがあります。
力ボタンは、分厚いコートやニットの重みで、
ボタンが取れないよう使うそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

本には、セーター、カーディガン、ベストのサイズ違いの編み図が載っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

働くセーター [ 保里 尚美 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/12/17時点)