瞳孔

ももすけの病院について行ったついでに、きょうすけを見てもらった。
すると、きょうすけの目、左右で瞳孔の大きさが違うことを指摘された。

考えられる原因。

1.筋肉:老化

2.神経:甲状腺

3.病気:腫瘍

ひとまず検査してみないとわからないので、
別な日にご飯抜きで、半日検査することになった。

きょうすけ8歳

血液検査の結果、T4は基準値内、甲状腺刺激ホルモンの数値が高いので、
脳からの指令がうまく伝わっていないのかも。
しばらく、薬を飲んで、瞳孔が変わるか様子を見ることに・・・・・・

投薬はじめて一ヶ月、目を見てもらうと、左右の瞳孔の大きさは変らない。

甲状腺のお薬が効いてるのか?

別な日に、院長先生に診てもらうと、少し大きさが違っている。

瞳孔には、腫瘍らしいものは今の段階ではないので、
老化現象のひとつかもしれない。

甲状腺刺激ホルモンは、院内で検査できず、外注の血液検査。
きょうすけは、朝晩1錠づつ薬を飲む。
定期的に、甲状腺の数値が安定しているか、血液検査をする。
甲状腺の数値はストレスの影響も受けやすいみたい。

甲状腺機能低下の症状が進むと、麻酔かけたときにさめにくい、
毛が抜けたり、白内障、低体温、無気力、倦怠、耐寒性の低下、
元気消失、体重増加、色素沈着、筋力低下、除脈、脂漏症、
角膜潰瘍などの色々な症状がでてくるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です